HOME > CBDとは > 【2020年最新】日本語対応で安心な海外の大手CBDメーカーまとめ

【2020年最新】日本語対応で安心な海外の大手CBDメーカーまとめ

CBD商品には様々な美容・健康効果が期待できると言われて、「試してみたい!」と思う人が増えています。しかし、CBD商品をはじめて購入するときに一番問題になるのは「どこのメーカーのCBD商品を買えばいいのか分からないこと」です。

近年の爆発的なブームでCBD商品を販売するメーカーは急増。初心者の人にとっては、CBDメーカー選びがますます難しくなってきました

そこで今回は、日本語のホームページがあり安心・安全のCBD商品を販売する海外の大手CBDメーカーをご紹介したいと思います。ぜひ「このメーカーのCBD商品を試したい!」と思えるCBDメーカーを見つけていただけたら嬉しいです。

安心できる海外の大手CBDメーカー9選 

 日本でCBD商品を一から生産するのは法律上難しいため、現在国内で流通するCBD商品は主にアメリカ・ヨーロッパのメーカーのものになります。(日本のCBDメーカーもありますがメインはまだ海外メーカーによる商品です。)

今回は「日本市場に参入している」「日本語のホームページがある」「安心できる」の3つの条件を満たす海外CBDメーカーを9つご紹介していきます。

CBDfx: 世界61各国に展開

CBDfx(シービーディーエフエックス)のロゴ

引用先(公式HP)

CBDfx(CBDエフエックス)は2014年にアメリカ・カルフォルニア州で生まれたCBDメーカーです。創業からわずか6年で、アメリカ・ヨーロッパそして日本を含む世界61カ国で商品展開し、ハリウッドスターからスポーツ選手までセレブにも大人気のメーカーに成長。

とくにアメリカで大人気なのがCBDエフエックスの『CBD配合ミックスベリーグミ』です。グミを美味しく食べて、CBDも摂取できるというアイディア商品。CBDエフエックスの最大の特徴は栽培・加工・製造・流通の透明性が高いため安心できるところです。CBD抽出に使われる大麻草はオーガニック栽培で、健康志向なユーザーにはとくにオススメ。

 

Elixinol: 日本初のCBD屋外広告を掲載!?

Elixinol(エリクシノール)のロゴ

引用先(公式HP)

Elixinol(エリクシノール)は1991年にアメリカ・コロラド州で設立されたCBDメーカーで、「CBDメーカーのパイオニア」と呼ばれる老舗メーカーになります。大人気商品である『ナチュラルドロップス』は世界中で圧倒的な販売実績を誇っており、はじめてCBD商品にトライする方に大人気です。

品質の高さ・安全性の高さではもちろん世界でトップクラス。2018年には表参道駅に日本初のCBD商品の屋外広告を掲載して話題になり、安倍総理大臣が持病の潰瘍性大腸炎の治療のために使用したことで日本でもっとも有名なCBDメーカーになりました。

 

MEDTERRA:お手頃価格で高品質

MEDTERRA(メディテラ)のロゴ

引用先(公式HP)

MEDTERRA(メディテラ)は2017年アメリカ・カルフォルニア州で生まれたCBDメーカーです。 CEOであるジェイ・ハルテンバッハ(Jay Hartenbach)を中心にCBD商品開発のプロフェッショナルたちが一堂に集結し、CBD業界にイノベーションをもたらしました。

お手頃な価格で高品質のCBD製品」がメディテラのモットー。メディテラのCBD商品は、遺伝子組み換えではない、アメリカ・ケンタッキー産の高品質ヘンプを使い、CBD純度99%以上です。人間だけではなく、猫や犬などペット専用のCBD商品も販売しています。世界中のスポーツ選手にも愛されるCBDメーカーです。

 

hemp touch: スロベニアの東大の研究者によって開発

hemptouch(ヘンプタッチ)のロゴ

引用先(公式HP)

 

hemp touch(ヘンプタッチ)は2014年にスロベニアで、敏感肌に悩む人々のためにつくられたヘンプ由来の化粧品メーカーとして誕生。

スロベニアの“東大”と呼ばれるリュブリャナ大学の生物学者シルヴィア・スペハー(Silvia Spehar)とヘンプと人間の関係の研究者であるマルコ・スラディック(Marko Sladic)によって設立されたヘンプタッチは徹底したオーガニック哲学を持っています。

人工的な防腐剤などはもちろん使わずに、材料すべてが植物由来で、なんとオフィスもリサイクル木材で作り上げています。人気No.1商品である『スージングCBDスキンバーム』は美容意識が高い女性にオススメです。

 

Pharma Hemp: 1965年からの長い歴史を誇る

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のロゴ

引用先

公式HP: https://cbdlabdenen.official.ec/

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)は1965年創業から現在まで長い歴史を誇るCBDメーカーです。1965年からヘンプに注目しスキンケア製品を開発し、2011年から最高クラスの品質のCBDオイルを販売開始。

ファーマヘンプは土壌選び、種子選別から収穫まで徹底的にこだわり、高い安全性を確保するために第三者機関に品質チェックを委託しています。世界的な知名度を誇るにもかかわらず、家族経営で頑張っている点も魅力的

ファーマヘンプの『CBDドロップス ヘンプシードオイル』は初心者にオススメのCBDオイルで、ヘンプ本来の香りを楽しむことができます。

 

organiCBD: 新興CBDメーカー 

organiCBD(オルガニCBD)のロゴ

引用先(公式HP)

organiCBD(オルニガCBD)はアメリカ・カルフォルニア州にて、2018年設立の新興CBDメーカー。オルニガCBDの商品すべては、3つの研究施設で品質チェックを行なっているため、安心して使用できます。

製造からパッケージまで自社で行うことで、常に商品の質を把握するユーザーファーストのCBDメーカーです。オーガニックへの情熱は凄まじく、有機ココナッツ農家や有機ミツバチ農家などオーガニックファームと協力して商品開発を行なっています

オルニガCBDのCBDオイル・CBDリキッドはフレーバーの種類が豊富なので初心者の方でもストレスなく使用できます。

 

CANNIMAL: ペット専用CBD!?

CANNIMAL(カンニマル)のロゴ

引用先(公式HP)

CANNIMAL(カンニマル)は数あるCBDメーカーな中でもペット専用CBD商品のみを販売する稀有なCBDメーカーです。創業者であるエリカ・バレンティーナ・ドリア(Erika Valentina Doria)は自身のペットの闘病生活がキッカケでカンニマルを作り上げました。

カンニマルのCBD商品は犬、猫や馬などのペットを対象にしており、ストレス、不安、炎症や痛みなどの緩和をサポートします。人気商品である『高品質フルスペグラムCBDオイル』はオーガニックビーフ味などペットが喜ぶフレーバーが揃っているのも嬉しいです。

 

Aztec: 高濃度なCBDが特徴

Aztec(アズテック)のロゴ

引用先(公式HP)

Aztec(アズテック)は2016年に設立されたイギリス・ロンドンのCBDメーカーであり、最大の特徴は高濃度のCBDが含まれる商品を販売している点。

CBD濃度が高ければ高いほど、効果を実感しやすいと言われているため、アズテックのCBD商品は人気があります

とくにオススメの商品は『CBDワックス』です。CBDワックスは専用デバイスが必要になりますが、CBDオイルよりも濃厚で効果が実感しやすいと言われています。また、CBD抽出に使われるヘンプは遺伝子組み換えではなく、農薬不使用のオーガニック栽培と、品質にもこだわっているため、安心して使用できます。

 

CANNAPRESSO: 美味しいフレーバーが人気

CANNAPRESOO(カンナプレッソ)のロゴ

引用先(公式HP)

CANNAPRESSO(カンナプレッソ)は2014年設立のアメリカ・カルフォルニアのCBDメーカーです。CBD製造に特化した製造設備で純度99%のCBD商品を生産しており、日本でも徐々に知名度を上げてきている印象です。

FDA(米国食品医薬局)からの認可、日本食品分析センターの安全性検査もパスしているので安心・安全に使用できます

カンナプレッソの代表的商品である『CANNAPRESSO CBDオイル』はCBD本来の苦味が苦手な方向けに改良されており、マンゴーやストロベリーなどの美味しいフレーバーを提供しています。日々の美容・健康を美味しくサポートします。

 

まとめ: CBDは安心できるメーカーから買いましょう

CBDメーカーは本当にたくさんあるので、厳選に厳選を重ねた結果、今回は上記9つのCBDメーカーをご紹介させていただきました。

今回ご紹介したCBDメーカーはどれも各国で厳しい品質審査をパスした後、日本の正規輸入代理店が輸入し日本に流通しています

そのため、CBD商品内に違法成分であるTHCが含まれていることないので安心して使用できます。CBD商品は口にするものですのでやっぱり安心・安全が第一です。今回ご紹介した以外のCBDメーカーを購入される場合はしっかりメーカーのことを調べてから購入しましょう。