HOME > CBDとは > 【初心者でもよくわかる】大麻の主成分CBDとTHCの違いについて解説!

【初心者でもよくわかる】大麻の主成分CBDとTHCの違いについて解説!

日本でも美容・健康領域にて人気が高まってきているCBD。実際に、CBDアイテムを使ってみたいと思われている方も多いはずです。

ただ、CBDアイテムを使う際に気になることはやはり、「CBDは大麻の主成分」であるということ。日本国内にて、大麻の認識は「危険薬物」「ダメ、絶対」などのネガティヴなイメージが強いです。

そこで、今回の記事では日本にて合法成分である「CBD」と違法成分である「THC」を比較し、「なぜCBDは合法であり、THCは違法であるのか」など、それぞれの比較について説明したいと思います。

<こんな方におすすめ>

・大麻の主成分である「CBD」と「THC」の違いについて知りたい方

・日本国内にて、なぜCBDは合法で、THCは違法であるかについて知りたい方

CBDの簡単な紹介

CBD(カンナビジオール)は、麻を原料に抽出される成分の一種で美容や健康への良い効果が期待されています。

麻を原料としているとはいっても、精神活性作用はなく日本でも合法の成分です。依存性や乱用性、有害性についてもWHO(世界保健機関)によって、成分の安全性が認められています。

CBDはさまざまな商品に含有されて販売されており、「CBDオイル」や「CBDグミ」「CBDクリーム」など多種多様な形で楽しめます。

THCの簡単な紹介

THC(テトラヒドロカンナビノール)は、同じく麻を原料に抽出される成分の一種で精神活性作用を含みます。いわゆる「ハイ」の状態にさせる効果でもあり、日本では非合法の成分として扱われています。

ただし、アメリカの一部の州などTHCが合法となっている地域もあり、海外では娯楽用のドラッグとして親しまれている成分でもあります。

CBDとTHCは同じ麻を原料とするものの「精神活性作用」の有無から、全く別の成分であると区別されています。

精神的および感情的な効果の違い

「CBD」と「THC」の精神的・感情的な効果の違いを解説します。

まず、「THC」には精神活性作用が含まれるため、用いることでいわゆる「ハイ」な状態になったり、幻覚作用を生み出したりします。

一方で、「CBD」には、このような精神活性作用はなく、むしろ「リラックス」や「ストレスの緩和」「不安の解消」といった効果が期待されています。

CBDは摂取しても精神活性作用や幻覚作用を生み出さないので、安全に使用することができますし、身体への有害性も小さいので安心です。

<精神や感情に関する効果の違い>

CBD: 精神活性作用なし 「リラックス」や「ストレス解消」

THC: 精神活性作用あり 「ハイ状態」や「幻覚作用」

法律上の違い

日本の法律では「大麻取締法」によって、CBDとTHCを区別しています。

「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

e-gov(イーガブ)」より

麻の茎や種子から抽出されるCBDは合法に指定されており、麻の葉や花冠から抽出されるTHCは違法となっています。

ただし、これはあくまで日本の法律の話であり、海外ではTHCが合法の成分として認められている地域もあります。

<法律に関する効果の違い>

CBD: 大麻の茎・種子から抽出される合法成分

THC: 大麻の葉や花冠から抽出される違法成分 (海外の地域によっては合法)

消費者の違い

CBDとTHCは全く異なる効果を持つ成分でもあるため、利用する消費者の目的も分かれます。(CBDもTHCも両方とも合法な地域での例。そもそも日本ではTHCは使用することができません。)

精神活性作用や幻覚作用を生み出すTHCのユーザーは主にレクリエーションを目的に使用する傾向にあります。ただ、日本国内ではTHCは違法なので、目的を問わず使用することは許されません。

CBDには、リラックスやストレスの緩和、鎮痛などの効果が期待されているため健康・美容といった目的で利用される傾向にあります。

<消費者の違い>

CBD: 健康・美容目的

THC: レクリエーション目的

CBD &THCの作用・効果

CBDとTHCの具体的な作用や効果について解説します。それぞれの成分を摂取することで、どのような効果が得られるのか把握していきましょう。

CBDの効果

CBDには多くの美容・健康への効果があると期待されており、日常生活においてもさまざまなメリットがあります。

例えば、リラックスや、ストレスの緩和といった効果があると言われているため、日々忙しくストレスが溜まりがちの方にぴったりです。

その他にも鎮痛作用や抗炎症作用が期待されているため、美容のために取り入れたり、身体の痛みを和らげるために使うのも効果的です。

日常生活をより快適に送りたい方などが、CBDを使うことで状況がより改善し、健康的で元気な生活の維持が期待できます。

CBDオイルを飲んだり、CBDクリームを肌に塗ったりなど、さまざまな使い方があるので、ご自身の生活スタイルにあった方法でCBDを取り入れてみましょう。

THCの効果

THCにも、CBDと同様に抗炎症作用や鎮痛作用といった効果があるといわれています。吐き気や嘔吐の軽減、食欲の刺激といった効果もあるため、医療用に用いられる国もあります。

何らかの病気によって精神的または認知的な問題を抱えている患者に投与することで、治療を行うというケースも海外にはあります。

ただし、精神活性作用や幻覚作用といった副作用もあるため、国によってTHCの扱いは分かれています。(繰り返す様ですが、日本国内にてTHCの利用は違法です。)

CBDは合法とされTHCは違法とされる理由

THCを医療用または娯楽用として使用を許可している国・地域もあり、メリットも確かに存在するのですが、それでも幻覚作用や学習能力の低下など心身への悪影響が大きいといわれています。

そのため、THCの使用を禁止する国もあり、日本でもTHCは違法となっています。

CBDはTHCのような精神活性作用や幻覚作用、その他さまざまな有害性といった悪影響はなく、安全に使用できると認められています。さらに、リラックス効果やストレスの緩和、鎮痛、抗炎症作用などの効果が期待されており、健康や美容にポジティブな影響があるといわれています。

このような「幻覚作用の有無」や「心身への悪影響」の違いが「CBD=安全・合法」「THC=危険・違法」という判断に繋がっているといえます。

まとめ: CBDとTHCの違いをしっかり理解することが大切

今回の記事では、

・CBDとTHCの違い (精神的および感情的な効果の違い、法律上の違い、消費者の違い)

・CBDとTHCのそれぞれの作用

・CBDは合法とされ、THCは違法とされる理由

について解説してきました。

CBDとTHCそれぞれの作用や違いを正しく理解することで、より安心してCBDを使うことができます。

未だ日本では「大麻=薬物、違法成分」という印象が強いですが、この「CBDとTHC」の違いをしっかりと理解していない人が多いことが要因だと思われます。

「CBDって大丈夫?」「危なくないの?」と周りの方に聞かれたら、CBDとTHCの違いについて説明することがおすすめです。