HOME > CBDとは > 【初心者でもよくわかる】世界中で大ブームのCBDについて徹底解説!

【初心者でもよくわかる】世界中で大ブームのCBDについて徹底解説!

CBDオイル

皆さんはCBDという言葉を聞いたことがありますか?今この記事を読んでいる方は、「CBD何それ?」「名前だけ聞いたことがあるけど詳しくは知らない」「ある程度は知っている」など様々だと思います。

アメリカなどを中心に世界的に注目されてきているCBD。このCBDは日本でも知名度がどんどん高まってきています。

世界中で大ブームとなっているCBDですが、「一体どんなものなの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

そこで今回は初心者でもしっかり理解できる「CBD(カンナビジオール)」という成分について詳しく紹介していきます!

<こんな方にオススメ>

「CBDって何?」という方

「CBD」について詳しく知りたい方

CBD: 麻から抽出される成分の一種

CBD(カンナビジオール)とは、麻から抽出される成分の一種です。

主に麻の「茎、種子」といった箇所から抽出され、摂取すると健康面や美容面でポジティブな影響を与えると言われています。

CBDについて初めての方は、「え、、麻って大麻のことじゃないの!?」「それって大丈夫なの?」と思われている方も多いでしょう。後ほど説明しますが、結論CBDは日本国内においても合法であり、安全性も認められています

CBDは、ストレスの緩和やリラックス効果、睡眠改善などに効果があると言われており、CBDを含んだ健康食品やサプリメントの人気が急上昇中です。

現代社会では生活のあらゆるところでストレスを受けてしまいます。仕事によるストレスはもちろん、長時間労働に伴う疲労、不規則な生活リズムによる身体の不調や睡眠不足など、生活の質に問題を抱えている人は多いでしょう。

CBDはそんな健康でのお悩みを抱えた方にぴったりの成分です。世界中で研究が進められており、日常生活だけでなく医療分野での応用も期待されています。また、CBDは、美肌効果などの美容面でも大きく期待されており、健康志向や美容志向の高い人を中心に人気が広まっています。

CBDは合法な成分

CBDは麻を原料として抽出される成分と説明しました。先ほども触れた様に、「麻って大麻のことでは!?」と不安に感じられる方もいるでしょう。

ただ、1つ確実なのは「CBDは合法成分」ということです。

大麻に含まれ精神活性作用(ハイになる)を生み出すのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分であり、CBDとは全くの別物です。

詳しく説明をすると、大麻には主に2種類の成分が存在します。それはCBDTHCです。そして、私たちがいわゆる「危ない大麻」「マリファナ」などと認識しているのはTHCの方です。THCには幻覚作用や精神活性作用があるとされ、日本国内でおいても厳しく取り締まられています。

ですが、一方でCBDにはこの様な幻覚作用や精神活性作用はないとされ、世界保健機関などもその安全性について認めています。そのため、同じ大麻から抽出されますがCBDは安全とされ、法律によって禁止されているTHCとは区別されています。

大麻取締法第一条

「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

(引用:電子政府の総合窓口e-Gov-大麻取締法-)

実際に大麻について取り締まる日本の法律「大麻取締法第一条」を見てみると上記の様に書かれています。

この法律をみると、大麻でも「茎・種子」から抽出される成分は除かれることが分かります。そして、CBDはその「茎・種子」から抽出される成分であり、法律でも問題がないのです。

一方で、THCは麻の「花冠、葉」から抽出される成分です。これは「茎・種子」から抽出されていないため法律で禁止されていることが分かります。

麻の茎や種子からとれるCBDはTHCと抽出箇所も異なりますし、法律上においても別の成分として区別されています。

抽出箇所 精神活性作用 違法性
CBD 茎、種子 なし 合法
THC 花冠、葉 あり 違法

「麻」と聞いてドキッとしたかもしれませんが、CBDは完全な合法成分なので安心して使用できます。

<詳しく知りたい方はこちら↓>

【徹底解説】CBDって結局、日本では合法なの?違法なの?

安全性や依存性に関しても問題ないとされる

CBD=合法」とわかったところで、CBDに対する不安として次に挙げられるのが「安全性」や「依存性」です。

CBDが合法とわかっていても、大麻から抽出されることには変わりがありませんし、安全性に対しては誰もが注目するところです。また、さまざまな効果が期待される中で、その成分に依存性があると問題があるでしょう。

CBDの安全性や依存性については、2017年にWHO(世界保健機関)とECDD(薬物依存に関する専門委員会)によって行われた「カンナビジオール(CBD)事前審査報告書」の中で「人体に有害な効果を産み出さない」「身体依存の可能性は見られない」という評価が下されています。

「安全性」と「依存性」両方に対して、国際的な機関から評価を受けている成分であることがわかります。

また、世界アンチドーピング機構(WADA)も2018年からCBDを禁止薬物から除外するなど、さまざまな分野で安全性が認めれています。

「参考:カンナビジオール(CBD)事前審査報告書-第6章、第7章-

<詳しく知りたい方はこちら↓>

CBDって本当に安全なの?CBDの安全性についてまとめました

気になるCBDの依存性とは?

CBDに期待される効果・効能: 身体調整機能を整える

続いて、CBDの効果・効能について解説していきます。

CBDに期待されている効果は非常に多く、主に健康面や美容面での効果が期待されています。簡単にそれぞれいくつか紹介します。

健康面で期待されている効果

・ダイエットを助ける

・眠りに入りやすくなり、よく眠れやすくなる

・ストレスを抑え、リラックスさせる など

美容面で期待されている効果

・エイジングケア

・肌荒れやアトピーの改善 など

ではなぜCBDにはこんなにたくさんの美容・健康効果を期待できるのでしょうか?もちろん、効果ごとにもよりますが、根本にあるのは、CBDがエンド・カンナビノイド・システム(ECS)の働き調整し、それが調整されることで身体の様々な機能に良い効果が生じるからです。

エンド・カンナビノイド・システム(ECS)

体内に自然に生成されるエンド・カンナビノイド・システムという物質は、最適な健康を保つためにとても重要なシステムで、別名免疫システムとも呼ばれています。また、神経系・脳・末梢期間・免疫系などのバランスをキープさせる受容体で、睡眠、食欲、運動機能、感情、記憶などに動作します。引用: 日本臨床カンナビノイド学会

人間の身体にはこのエンド・カンナビノイド・システム(ECS)と呼ばれる身体調整機能が備わっています。エンド・カンナビノイド・システム(ECS)を一言でまとめると、人が生きていく上で必要な神経・免疫バランスを調整し、健康な身体を維持するためのシステムです。

ECSが働くことで、食欲や痛み、免疫、感情、運動機能、神経、認知、記憶などさまざまな機能を調整することができます。

しかし、外部から強いストレスを受けることによってECSが正常に働かなくなってしまい、さまざまな疾患の原因となることが明らかとなっています。

ECSの働きが弱まった状態を「カンナビノイド欠乏症」と呼びますが、この欠乏に対して、CBDを摂取することでECSの働きを正常に戻すことができるとされているのです

つまり、CBDは私たちの身体を調整するエンド・カンナビノイド・システムの働きを助け、この機能が正常に働くことで、様々な健康や美容効果が期待できるということです。

「参考:日本臨床カンナビノイド学会-エンド・カンナビノイ・システム(ECS)-

<詳しく知りたい方はこちら↓>

【今後のトレンド】知っておきたいCBDの効果について徹底解説!

CBDを使った商品: CBDグミなど様々

これまで説明してきた様に、様々な効果が期待できるCBD。では実際このCBDを私たちが摂取したいと思った時に、どの様な形で摂取できるのでしょうか?

CBDの主な摂取方法は以下の4点です。

摂取方法 具体的な商品
① 飲む CBDオイル、CBD飲料水、CBDコーヒー など
② 食べる CBDグミ、CBDチョコ、CBDキャンディー、CBDはちみつ など
③ 吸う CBDリキッド
④ 塗る CBDクリーム、CBD化粧品、CBDバスボム など

CBDを使った商品は世界的な人気も相まってさまざまな種類が販売されています。

最もポピュラーなのは、口から摂取する「CBDオイル」や蒸気化して吸引する「CBDリキッド」です。

一覧で紹介するとこの様になります。これはメジャーな商品の一部でもあるので、実際にもっとたくさんのCBD商品が存在します。

CBD商品

・CBDグミ

・CBDキャンディー

・CBDチョコ

・CBDクリーム

・CBDプロテイン

・CBD飲料水

・CBDバスボム

・CBDシャンプー

これだけの種類があるので、ぜひお好みの方法で摂取してみてください。

<詳しく知りたい方はこちら↓>

美味しく食べながら健康を保つことができるCBD食品まとめ

CBD商品の購入方法: ネット or 店舗

CBDには様々な種類の商品があり、CBD摂取の方法は分かったと思います。そこで、次に気になるのが、CBD商品の購入方法。日常的に、街中でCBD商品をみることは非常に少ないですし、どの様に購入できるのかと迷われてしまいますよね。

現状としては、主にネットと専門店などの店舗のどちらかで購入が可能です。

CBD商品は主に以下の場所で購入できます。

ネット

⚫︎ 総合ネット通販サイト

⚫︎ CBD専門通販サイト

店舗

⚫︎ 百貨店

⚫︎ CBD専門ショップ

CBD商品は楽天市場をはじめとする総合ネット通販サイトでも気軽に購入可能です。現在では、百貨店の健康食品売り場などで売られているケースも見られますし、専門店も増えています。

<詳しく知りたい方はこちら↓>

CBD商品は薬局で売っている?CBD商品の購入方法について解説!

まとめ: 日本でも人気が高まってきているCBD

今回は、CBDという成分について紹介していきました。「CBDについてよくわからなかった方」もCBDがどの様なものかざっくりと理解できたのではないでしょうか。

日本でも、若者や健康・美容意識の高い女性を中心に人気や知名度がどんどん高まってきています

さまざまな商品がラインナップされているので、お好きな方法でぜひCBDを始めてみてください!

<CBD初心者の方にオススメな記事>

【CBD初心者必読!】初心者の方にオススメしたい4つのCBD商品とは?

【2020年最新】オススメなCBDオイル6選!