HOME > CBDとは > 【CBDでキマる?】CBDでキマるなどの効果があるのか解説

【CBDでキマる?】CBDでキマるなどの効果があるのか解説

CBDに興味がある方にとって気になることの一つに、「CBDを摂取して、キマるなどの効果があるのか?」ということが挙げられます。

何をもってキマるのかという定義が曖昧な部分がありますが、多くの方が考える「キマる」とは恐らくハイになるかどうかということだと思います。

先に結論のみをお伝えすると、CBDでキマるということはありません。そこで、今回の記事では、CBDとハイの関係性について解説したいと思います。

<こんな方におすすめ>

・なぜCBDがキマらないとされるかについて知りたい

・CBDとハイの関係性について知りたい

CBDではキマらない

先ほど冒頭でも少し触れさせていただいた様に、CBDでキマるということはありません。「CBDでキマるのではないか?」と多くの人が思う背景として、CBDが大麻の主成分であるからです。多くの方は、「大麻 = ハイになる」という先入観を持っているので、キマるのではないか?と疑問に持ってしまうのです。

ただ、海外では医療用大麻も普及している様に、大麻の成分であってもキマらないものがあります。言うならば、大麻の成分には様々な成分があり、その一部にはキマる成分があるが、全ての成分がキマるわけではないのです。(CBDはキマらない方の成分)

CBDには精神活性作用がなく、むしろリラックス効果があるとされています。

キマるのはTHC

では逆にキマる作用がある大麻の成分とはなんなのでしょうか。大麻の成分の中で、いわゆるキマるとされる成分は、THCという成分。

THCには精神活性作用があり、摂取することでいわゆるハイになるとされます。海外ではTHCも一部合法な国・地域がありますが、日本では厳しく取り締まられています。そのため、日本で手に入るCBD製品は、THCフリーでなくてはなりません。

CBDとTHCの違い

CBDとTHCの違いについて、簡単にまとめると以下の様になります。

抽出箇所 精神活性作用 違法性
CBD 茎、種子 なし 合法
THC 花冠、葉 あり 違法

大麻と言っても、この様に、ハイになる成分である「THC」とハイになる成分は含まれていない「CBD」に分かれます。

また、日本では大麻の所持、栽培、譲渡等が法律により禁止されていますが、下記の大麻取締法第一条を見ると、「茎・種子」から抽出される成分(CBD)は法律の対象外であることがわかります。

大麻取締法第一条

「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

(引用:電子政府の総合窓口e-Gov-大麻取締法-)

そのため、この大麻取締法第一条からも、CBDは日本国内にて合法であることがわかります。

CBDは健康食品

CBD製品を使っている方の多くは、キマるなどの作用は全く求めておらず、リラックス効果など日々のQOLを向上させていくために使っていることが多いです。

現在、日本においてCBDを含む製品は、医療品ではないので、健康食品として取り扱われています。そのため、具体的な健康効果や美容効果について言及することはできませんが、その様な効果を求めて、使用している方も多いです。

CBD製品購入にあたり注意すべきこと

CBDには大麻の精神活性作用が含まれておらず、ハイになることがないと説明してきましたが、CBD製品を購入する際に気をつけるべきことがあります。

それは、正規代理店などによって販売されている信頼できるブランドのCBD製品を購入すること。CBD自体には精神活性作用が含まれていませんが、もし仮に、CBD商品の中にTHCが含まれていた場合、話は別になります。

海外の一部地域や国では、THCの使用も合法であり、CBD製品の中にTHCが含まれている場合も多々あります。そのため、その様なTHCフリーではないCBD製品を誤って購入してしまうと、ハイになる可能性があります。

またそもそも日本国内ではTHCは違法であるので、その様な製品を所持していた場合、法に触れるリスクもあります。

この様なリスクを避けるためにも、基本的に海外CBD製品の個人輸入などはおすすめできません。特に初めてのCBD製品であれば、実績やブランドのある大手CBDメーカーによるCBD製品を使う様にしましょう。

日本にも進出してきている大手CBDメーカーは下記の記事を参考にしていただけると幸いです。

【2020年最新】日本語対応で安心な海外の大手CBDメーカーまとめ

まとめ: CBDではキマらない

CBDでキマるかについて解説してきました。

・CBDには精神活性作用が含まれておらず、キマらない

・精神活性作用が含まれておりキマるとされるのは、THC

・CBDは日本でも合法な成分であるが、THCは違法成分

・CBD製品の購入にあたっては、THCが含まれていないか注意する

大麻由来の成分ということで、CBDはキマるのではないかと心配されていた方もいらっしゃるかと思いますが、その様な作用はないので、安心してCBDを使ってみてくださいね。