HOME > CBDとは > 気になるCBDの依存性とは?

気になるCBDの依存性とは?

CBDは大麻草由来のリラックス成分です。アメリカで普及し、日本でも段々と人気が高まってきています。

オイルやリキッド などさまざまな製品が売られていますが、気になるのが安全性です。

大麻と聞いて「依存性があるのでは?」と不安で手が出せない方も多いでしょう。結論から言えばCBDに依存性はありません。そこでなぜCBDに依存性がないのかその理由と、安全性について解説します。

WHOはCBDの依存性を否定している

CBDは大麻草由来であることから、なにかと誤解されることが多い成分です。

日本では昔から大麻に対する抵抗感が強く、大麻と聞くだけで拒否反応を示す人が多いのが現状です。しかし、CBDは麻薬のマリファナとは一切関係ありません。

WHO(世界保健機関)は2017年の暫定的な報告書で、動物実験およびヒト臨床試験の結果から、「いかなる公衆衛生上の問題も純粋なCBDの使用に関連しない」と結論づけ、「乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない」と、依存性や乱用の危険性について否定しています

また同年の11月にWHOで行われた「WHOの薬物依存に関する専門委員会(ECDD)第39回会議」においても、CBDは健康への有害性がなく、医療用途で活用できるという見解が出されています

<CBDの安全性についてはこちら↓>

CBDって本当に安全なの?CBDの安全性についてまとめました

なぜCBDには依存性がないのか

このようにWHOはCBDの依存性と乱用の危険性について否定しています。ではなぜ依存性がないと言い切れるのでしょうか? その理由について解説します。

CBDとマリファナの主成分THCは全くの別物

 

大麻のCBDとTHCに関しての図

引用: https://americanmarijuana.org/difference-cbd-vs-thc/

CBDはアサ科の植物である大麻草から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる化学物質の一つです。このカンナビノイドは全部で104種類あり、大麻草にはCBDのほかにもさまざまな成分が含まれています

そのうちの一つがマリファナの主成分であるTHC(テトラヒドラカンナビノール)です

CBDとTHCはどちらも大麻草から抽出されることには変わりありませんが、抽出する部位が異なっています。CBDは大麻草の茎と種子から抽出される成分で、向精神作用はなく、摂取してもいわゆるハイになることはありません。大麻草の茎と種子の利用は日本の法律でも合法とされています。

一方のTHCは葉と花に多く含まれているマリファナの主成分です。THCには向精神作用があり、摂取すると幻覚を見ることもあり、しかも依存性があります。

CBDは思想や知覚に作用しない

大麻草に含まれるカンナビノイドは、体内に存在する受容体と結びつくことで作用します。受容体とは簡単に言えばホルモンなどの生理作用を引き起こす物質をキャッチして、全身に作用を伝えるタンパク質のことです。

この受容体と結合することで私たちはさまざまな効果を実感することができるのです。

カンナビノイドの中でもTHCは脳内のCBD1という受容体と相互作用することで、精神に作用して陶酔感や幸福感をもたらします。

一方のCBDはCBD1受容体との相互作用がTHCの1/100と非常に弱く、受容体と結合したとしても思想や知覚に作用することはありません

 

CBDに依存性はないが副作用は存在する

CBDは100%安全とは言い切れない

CBDには依存性がありませんが、だからといって100%安全だとは言い切れません。CBD研究の多くは動物実験段階であり、人間を対象にした臨床試験があまり進んでいないからです。

WHOは2017年の暫定的な報告書で、CBDの安全性を認め、副作用が少ないことを発表しています

裏を返せば全く副作用がないわけではありませんが、これまでのところ重篤な副作用は報告されていないのも事実です。

これまで指摘されているCBDの副作用

CBDの副作用についてはいくつかの報告があり、稀ではあるものの副作用の存在が認められています。例えば有名な医学誌であるニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)誌に掲載された研究では、「参加者のおよそ10%で肝機能の変化が見られ、これは毒性を示す可能性がある」としています。

またアイオワ州ドレイク大学薬学・健康科学部臨床科学部の部長で教授のティモシー・E・ウェルティ氏は「最も多い副作用は吐き気、嘔吐、下痢、膨満感」と述べています。

<CBDの副作用についてはこちら↓>

「CBDに副作用ってないの?」気になるCBDの副作用について解説

医薬品やサプリメントとの相互作用に注意

一緒に摂取した成分が体内で働くことで、双方の作用を増強したり弱くすることを相互作用と呼びます。

CBDの副作用はこの相互作用がもたらしている可能性が高いと考えられています。

CBD製品と医薬品やサプリメントを併用している方は注意しましょう。もし成分同士の相性が悪い場合は、どちらかの作用が増強されて副作用が発生する恐れがあります。

ウェルティ氏も「CBDとほかの一般的な薬との薬物相互作用があることは明らかです。相互作用の中には、毒性やほかの薬の重大な副作用につながるものもあり得ます」と述べています。

医薬品やサプリメントを摂取している方は、CBD製品の使用を開始する前にかかりつけの医師または薬剤師に相談してください。

 

まとめ

CBDには向精神作用がなく、WHOも依存性や乱用の危険性について否定しています

ただし稀ではあるものの吐き気、嘔吐、下痢などの副作用が報告されています。医薬品やサプリメントと併用する際は、かかりつけの医師または薬剤師に相談してください。